赤い実

植木屋さんに来てもらって、ある程度の剪定を頼んだ。
ある程度とは、すべてをお願いしたのではなくて、金額にあう剪定をお願いした。
私は仕事でいなくて、夫が対応をした。
おやつも、飲み物も、ネットで調べた人数を用意した。
お菓子もみな持ち帰って下さいと書いたメモを付けておいた。
夫が言うには、金額以上の事はしませんと、言っていたとの事。。KIMG0044.jpg
少し、寂しい気持ちになった。
でも、その植木屋さん達が残してくれた、南天の実には、大変感謝する。
たわわに実った三本の南天の枝を、毎日見ていて、とても綺麗で風に揺れる枝を
楽しんでいた。
或る時、少し実が無くなっている事に気が付いた。
その日から、赤い実が、少しづつ無くなっていく。
そして、二週間ほどで、すっかり無くなってしまった。
昼間、カーテン越しに、何かがすっと飛んで横切っているのは、知っていた。
中くらいの鳥だと思う。
無くなったことが悔しいのではなく、とても嬉しかった。
鳥さんのお役にたったのだと思った。
寒い時期に、赤い実はごちそうだったのだろうかと考えた。
こんな繰り返しを、毎年見ていたら、楽しいだろうなと思った。
南天が首を垂れるほど、実った年はなくて、初めてのような気がする。
来年は、どうだろうと考えて、それがとても不安定な未来であると、気が付いた。
南天は、すくすくと成長して、真っ赤な実をたわわにつけるだろう。
中くらいの鳥さんも、きっと訪れるだろう
今、一番弱いのは、人間様だなと思った。
地球を牛耳っていたはずなのに、何かに命令されたように、明日が分からない
とても弱い立場なのだなと感じるのだが。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

alice
2021年02月10日 07:54
おはようございます。
鳥の一生懸命さに花々の一途さに和みますね。和む感情は人間だけが持つ繊細な気持ち。目の前の穏やかな風景に感謝。
2021年02月10日 22:50
Aliceさん、コメントを有難うございます。
昨年のキュウリの時みたいに、とても心が和みました。
自然を相手にすると、自分もその一部なのだと分かりますね。
共感出来る事が、そういう感情を思い出させますね。
nokko(パセリ)
2021年02月10日 23:19
ベランダにパンくずを置いておくとイソヒヨドリが食べに来ます
残った小さなパンくずはスズメが3,4羽来てつついています
カーテンの隙間からそれを眺める時が一番心が和みます。
この食べ物のない季節に鳥たちも一生懸命生きているんだなぁって
思うと気力が出てきます。
庭の枯れた木々の枝から小さな新芽が出ています
自然の中でみんな頑張ってるなぁって思いますね~。
自然は何か力をくれますね(^.^)
2021年02月11日 17:23
パセリさん、コメントを有難うございます。
いつか、パセリさんのブログに、鳥がパセリさんが、家から出てくるの待っている様子が書かれていましたね。
優しいパセリさんだなと思いました。
自然や、小さな動物が、様々な場所にウロウロしていてくれると、とても安心します。
野良猫ちゃんも、そんなに悪さはしないのだから、見守ってほしいと思うのですが、いけないのかなと思います。
この頃、あまり見かけなくなり、少し寂しいです。
コロナが変異しているようで、私のパート先でも、熱発の人がいまして、
私の掃除をする部屋が立ち入り禁止となりました。
でも、幸い何でもなかったようで、安心しました。