体温計

夫の泌尿器科受診に、行かないと決めて、
仕事に出たのだが、
仕事先にちょっとしたことがあり、
掃除する部屋数が20室になったので、1606491710793.jpg
早退をして、泌尿器科の会計だけする事にした。
帰宅して用意をしていたら、
夫からメールが入り、
また、泌尿器科から、
循環器科に回されたようだ。
来てほしいとのメール。。。。。
循環器では、心臓と肺に水が溜まっていると
いう診断だった。
その医師とは、とても長いお付き合いというのか、
診て戴いているので、
気になっていた事を、きいてみた。
返事は、実際の所、夫の場合、癌が発覚した時点から、転移がある為、
どこから手を付けて良いのかという状態だそうだ。
とても頭が良い医師で、何を聞こうと
しているのか察してくれて、
とにかく、出された薬を飲み、
様子をみましょうとの事。
夫が、痛くもかゆくもないのに、
病状は良くないのかと聞いていたが、
医師は、良い状態を出来るだけ、
維持できるようにしてくださいとの事。
言葉の端々に、夫の状態があまり良くないと分かった。
S字結腸と、盲腸の癌は、放置すると、
消化器内科の医師が言っていたが、
何となく、そうするしかないのかと、分かってきた。
泌尿器科の医師は、最前線にあたる位置にいて、
夫の症状の改善を必死にしてくれているようだ。
私が、怒鳴られたのは、嫌だけれど、もっと大変な状態を、
必死になって考えてくれていると思ったので、嫌な気持ちを押さえようと思う。cat-188088__480.jpg
本当は、落ち込み、何だか情けない人生の集大成のような瞬間だったと思った。
それは、未だに抜けていないが、
夫の病気の主治医であり、私が何かを感じる必要はない。
泌尿器科に一緒に行く事はしない。
何もなく、ただ、情けない人生を感じたくないので、
行かないだけだ。
夫は、困るだろうか。。
メールで来てほしいと、
言ってくるのだろうか。
まるで、いつもそばに置いてある体温計みたいだ。
熱のある時は、必要で使うけれど、健康な時は、
見向きもしない。

12月は、第一週目に二回も受診予定。
二週目も、二回受診のようだ。
そんなこんなで、今年が暮れるのか。。
交通費が、大変なのだが、この調子で行くと、私がパートをしていた方が良いみたいだ。
でもなぁぁ、、凄く重労働で、限界を感じているのだが。。
73歳になっても、働いているのだが、若い時には、想像できなかった。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント