二種類。。

夫の、空咳と、だるさが消えた模様。
残るは、息苦しさだけとの事。
上質の薬は、効果も、副作用も、ありありだった模様。
食欲も復活して、出されたものは、残さず食べて、
デザートの果物や、甘いものを要求してくる。
眠りも、いびきをかき、ぐっすりと寝ている。
このまま、小康状態が続けば、
本人は何かの不足を考えると思うのだが。。
世の中は、不思議だと思う。
明ける反対は、明けない。
登る反対は、降りる。
上に対しては、下があるし、右、左と。。。
動物のオスに対して、メスがいる。
男には、男性ホルモンがあり、女には、女性ホルモンがある。
これがないと、格好や仕草や、行動の変化が分からない。
声も甲高い女性に対して、野太い声が男性だ。
これは、自然の摂理なのかもしれない。
夫が、服用していた上質の、高価な薬は、
その男性ホルモンを遮断する薬だ。
自ら、体の中から、自然に発生しているホルモンを
去勢的に遮断するらしい。
とても理不尽である。
体つきを男性的にしたい時とか、病院を訪れると、
処方されるらしいが、
その時に、前立腺がんの検査もすると書かれていた。
前立腺癌は、男性ホルモンにより、増殖すると書かれていた。
体形的に、胸が膨れてきたり、女性化する場合もあるらしい。
何より、腫瘍がある程度治まり、日常的に支障が無いように
なれば良い方だと思うが。。
彼のライフワークは、これからどうなるのか。。
以前に、色々と発覚した時、何もしていないと
泣き喚いて醜態をさらしていたが、
その時に、もうつまらんああつまらん人生が詰まらないと嘆いていたが。。127730929675416227070.jpg
彼のライフワークに、変化は起きるのだろうか。
彼のライフワークは、とても楽しくなるのだろうか。
私も、夫も、残り少ない道を、後悔なく過ごせるようにと考える。



長姉と、故郷の新潟に行った時、姉と過ごした唯一の小旅行だった。
とても楽しかった。
姉が、80歳になり、私が73歳となった。
姉は、あの頃はとても元気だったが、今は、膝を痛めてあまり長く歩けないらしい。
姉との写真は、これが唯一で、寂しいものだ。
左側のチェック柄が姉だが、あの頃は背丈が同じ位だが
、数年前に会った時、縮んでいた。
私も、1㎝縮んでしまった。
電話で話をしていて、生まれてからずっと、
酷い状態だねお互いに となったが、
私は、色々な出来事に対して、第三者のような心で見る時がある。
あの様々な経験は、面白いとも考える。
人間が、普遍的に善であると思うから、その違いに驚き、感情を乱す。
自分自身が、まったくの善ではないと分かると、何となく、相手の事が許せる。
だからと言って、悪い事を進んでする訳ではない。
今迄受けてきた、生活上の理不尽や、貧困や、侮辱とか
、例えば、今回の患者でもないのに、怒鳴られた事。
夫が、何だか慌てていたねと言っていたが、それもどうでも良い。
ただ、ああいう環境に近づかないようにする。
金曜日は、具合が悪いと言って、やんわりと断る事にする。
嘘をつく訳だが、うそもほうべん と言う事もあるし。。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

alice
2020年11月25日 22:18
こんばんは〜。
お姉さまとのお写真にかけがえの無い楽しい時間を感じました。
お写真残ってて良かったですね。
2020年11月29日 00:06
Aliceさん、コメントを有難うございます。
これから、どのようになっていくのか分かりませんが、凄く考えさせられます。
姉と、過ごした時間はあまりないです。
姉は結婚して、すぐに仙台に行きましたので。。
人生は、いろいろですね。