偶然。。

循環器の診察に、同行した。
血液検査と、心電図を終えてから診察になる。
それで、待合室に先に行き、検査が終わるのを待っていた。
メールが入り、血液検査の時に、会社の上司に会ってしまったと書かれていた。20200731.jpg
心電図に行ったら、そこでもあってしまったと、二通目のメール。
すると、この待合室にも、来るという事だ。
返信は、まったく知らない人のようにするから、そばに来ないでと送った。
夫は、私のそばには来ないで、離れた椅子に座った。
上司には、一度だけお会いしたことがあるが、多分、
私の事は分からないと思う。
上司が待合室に来ようとしていたが、夫をみて、引き返していた。
遠巻きにじっと見ていた。
それを私が、見ていたのだが、探偵の気分であった。。
夫が、診察室に呼ばれて入って行ったら、上司が待合室に入ってきた。
明らかに、夫を避けている。
夫に、意地悪をしているというのか、
会社も辞めてほしいらしく、様々な事をしている。
仕事は、殆ど、その上司がしているらしい。
夫は、交通費を含む数万円で、仕事をする事になっている。
今年一杯、その感じで過ごすらしい。
来年は、体がどのようになっているのか。。。
もう仕事は、しないと思う。
交通費を含む数万円は、到底、生活にの足しにもならないが、
夫が、遠い会社まで、通っていこうとしているので、
そのまま、行動をさせている。
家にいたら、寝込んでいると思う。
私は、嘆くことがあるが、それは、夫自身についてではなく、費用について、目途がたたないからだ。
あまりにも、突然で、定期的に糖尿にも、循環器にもかかっているのに、こういう事が起きる。
夫が、泌尿器の医師に、体の状態はどの位の位置にあるのかと、聞いたら、上のほうという、あいまいな答えを戴いた。
夫は、上のほうですか と繰り返して聞いていた。
医師は、前立腺の状態を6~10の内、10だと言っていた。
そして、とても性質の悪い細胞があると言っていた。
夫は、痛みも殆どなくて、ただ、息苦しいと訴える。
医師が、新しい薬を処方したと話をしていたが、副作用があるらしい。
その副作用が、息苦しいとか、血圧の低下、食欲不振。
薬は、怖いと思う。
でも、服用していれば、改善するならしょうがないと思う。

会社の上司には、本来は、きちんと挨拶をするべきだと思うのだが、
数年前に起きた事が原因で、関わらないようにしている。
夫は、自分のした事が暴露されるのを恐れて、私が気が狂ったとあちこちに話をしていた。
あちこちとは、会社にも言っていたので、恥かしくて挨拶なんかできない。
二男にも、お母さんが気が狂ったと言ったのだが、これは、明らかに夫のミスである。
例え、妻が気が狂ったとしても、あちこちに言うべきではない。
自分の保身の為には、そうするしかなかったという事だと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント