アクセスカウンタ

zoom RSS 過去への思い

<<   作成日時 : 2018/07/04 02:02   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

誰もいなくなった実家の処分は、意外に大変そうだ。
中には、もう何年も入ったことがないので、姉に様子を聞いてみた。
冷蔵庫や、洗濯機、タンス二棹ソファ、ベッドが残っているようだ。
姉の当初の意気込みは、思い出の家だから、時々、訪ねてきて暮らしたいという思いだったようだ。
子供が、東京に出てきた時に、泊まり込むという設定も考えていたようだ。
家の管理は、とても気を遣う。
両隣の家に、挨拶も必要。
それを殆どしていなくて、時々、思う時に利用しようとしたようだ。画像
甘いね。。。。。案の定隣の家の人に、怒鳴られている。
もう誰も住まないのだから、処分をしてしまおうと言ったのだが、思い出が先に来たようだ。
私は、あまりそういう思いを感じないというのか、流れていくだけという観念的な考えであり、シガラミはあまりない。
ふと、兄が亡くなった時の事を思い出す。
テレビがついていた。。。。
悲しい、もうどうにもできないという、静かな空間が辺りを占めていた。
あの場所を処分するという事になる。
お兄ちゃんが、嫌がっているかな。。。とふと思うのはしょうがない。
ただ、兄があの家で満足していたとは、思えないのだが。。。
あの当時の、心持ちと違うので、何だか気持ちが重い。
姉に出てきてもらい、一緒に行動出来たらと思う。
妹は、多分、ドカンを落とされた時のトラウマがあると思う。
私も二度と会いたくない。
あの言葉を言わせたあいつは、赤の他人だと思っている。
家を失くすのは、こういう関係が絶たれる事だと思う。
解体費用が、高額だ。
私の相続とするらしいが、相続税がかかるし、売れば所得税がかかるし、困ったな。。。
売れたら、相応の金額が欲しいとの事。
ただ、私道を含むたった18坪の小さな小さな土地だ。
その後、売れるかどうかも分からない。
両隣に挨拶に行った時に、少し購入する気持ちがないか、聞いてみる。
日当たりや、駐車場にするには、丁度良いと思える。
が、、が、、果たして、そんなにうまくいくか。。
ただ、更地にしてしまえば、管理がとても簡単になる。
更地になったあの場所を、想像すると、やはり、兄の事が浮かぶ。
あの場所で、沢山世話になったし、色々と生活面での関わりもあった。
ふと、寂しいなと胸がつまり、こみ上げるものがある。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
過去への思い 母/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる