アクセスカウンタ

zoom RSS 四月になると。。

<<   作成日時 : 2018/04/07 02:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

私の仕事の選び方というのか、嫌になる時期は、大体一年以内での変化が多い。
じっくりと、長く務める事が、本当は理想なのだが、あまり、そういう仕事に恵まれていない。画像
今回も一年経過して、他の仕事をしたくなる。
その発端となる、感情の動きは、とても単純な事が原因となる。
今回は、施設の場合、一年が経過し、昨日、更新の書類を提出した。
その書類を見ていたら、時給という部分で、〇〇1円とあるのだが、行政からの指導でもあったのか、
最低賃金にある金額をうわのせしている。
その時給が少しはあがるかな、、と思っていたのに、そのままだった。
私の働きは、そんなに重要ではないので、しょうがないのだが、少し前に、介護のパートさんが、
時給の話をしていて、少し上がったと言っていたので、自分も上がるかなと思ってしまったのだ。
上がっていないとなると、現金なもので、何か以前のように心を込めて、仕事をしようとしなくなる。
きっと、そのショックが癒えれば、前と一緒の仕事の仕方になると思うが。。
二男が帰宅したので、その話をしたら、真っ当な答えで、どちらが親かという感じだった。
でも、やはり、何となく引っかかるような感情が湧く。
多分、いそがしですか?の彼女は、時給が上がると思う。
理由は、ハンディのある女の子の面倒をみているからだ。
それはそれで、当たり前であり、当然であり、と分かっているのだが、やはり、嫌な感情がわく。画像
仕事をクルクルと変わっていた頃には、そういう時給が上がるという事はなかった。
人様と比べるという感情があまりなかったのだが、今回は、気になるのだが。。。
高年齢なのだから、低い賃金が当たり前なのに、何を傲慢な考えに行きつくのか。。
この感情を、うまく昇華出来れば、様々な考え方に応用が出来て、きっと楽しく暮らせると思う。
難しいかな。。。
数年前に、同居人が会社でされたことを思いだしたが、会社の社員旅行で、ハワイに行ったのだが、同居人だけは、声がかからず、いつ出発するという情報もなく、
多分、五月頃だったと思うが。。。
同居人は、家に帰ってきてから、その話をしたのだが、涙ぐんでいた。
会社側も、よくそんな仕打ちが出来るなと思ったが、パートではなく、会社から、場所を借りての仕事だったので、
声かけがなかったようだった。
本人だけが、同じ仲間だと思っていたという事みたいだ。
こういう感情を、どこで昇華するのかと考えると、身内の中で慰めてもらうしかない。
私の場合は、次男に話をして、何とか誤魔化したが。。。
そういえば、もう高年齢なんだから、雇ってもらえるだけ、有り難いのだから、、うんうんそうそう!!!!!
気にしない気にしない、、次男と話をすることが出来て、本当に良かった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四月になると。。 母/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる