アクセスカウンタ

zoom RSS 補う。

<<   作成日時 : 2018/03/25 00:18   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

今迄、もう無理と思い、離婚しようと考え始めると様々な障害が起きていた。
離婚なんて言っていられないような、日常的に何とかしないといけない事案が起きて、
とりあえず、そちらを片付けてからと思う日々だった。
今回は、離婚とは考えずに、家の中での分断をしている。
仲良くしないといけないのだろうか。。。
相手を罵ったり、怒ったりが出来ない。
相手が、楽しく暮らせば良く、私の事は何も気にしないでほしい。
お前みたいに、俺を馬鹿にするやつはいないとか、威張るんじゃないとか、優しくないとか、言われると
自分の行動に不安を感じる。
そもそも、結婚したら、どうしたら良いのかと考えたが、お互いに不足分を補いあうのが夫婦だと思った。
一番初めに、それが起きたのは、新婚旅行で京都に行った時で、今でこそ、〇条城〇テ〇は、立派になっているが、昔、46年前は、立派な〇込みだった。
それを知らずに駅で予約の電話を入れて、行ってみたら、凄く薄暗く、スリッパに履き替えてフロントに行き、鍵を
渡されて、部屋に入ったら、天井が高く、でーーんとダブルベッドがただ置かれている部屋だった。
いつも泊まるホテルと、まったく違うので、それと分かり、ここは、止めようとなったのだが、
その断りを私にやらせたのだ。
僕は出来ないよ、お願いだから断ってきてよ、押し問答をして、私も出来ないといったのだが、それ以上に逃げていく同居人。
しょうがないので、私が断りに行った、という経緯がある。画像
それが始まりだ。。。。。。
大の男が、女に断りに行かせるなんて、でも、その時に、私が補う事なのかと、馬鹿な判断をした。
それから、何か嫌な事があると、例えば、税金関係や、ローンの関係、障害のある子どもの問題等、すべて逃げている。
私は、いくつも仕事をした。
事務、キーパンチャー、販売員、掃除婦、マネキン、クレーム対応、スーパー関係は五軒もある。
スーパーは、二軒のスーパーが、二回も雇ってくれたが、とても助かった。
ある車の工場の工員、土日祭日専門のモーニングのコック、これは、土日祭日に同居人が家にいるので、やった。
これらの仕事を、重複してしたり、何度もついている。
最終的に何とか使えるはずの、生命保険の配当金や、貸付金、子供のお祝い金を全部使われたことが、困り始めである。
これがあるから、何とかなると思っていたのに、それが出来ないと分かってから、困り始めた。
同居人は、長男が亡くなるまで、午前様で、亡くなってから早く帰ってくるようになった。
私は、その間、様々な病気になるのだが、一番驚いた病気は、突然片目が見えなくなる状態。
何か字を書こうとしても、うまく書けない。そばでは子供達がはしゃいで遊んでいる。
119番に電話をかけて、どうしたら良いか聞いた。
そばの総合病院にかけなさいと言われて、片目を押さえて電話をかけた。
病院の返事は、15分位で治まったら来なくても良いだった。
幸い、その位で治ったが、これを二回経験している。
長かった病気は、パニック障害。
これには、大変苦しめられた。
お茶一杯飲んで、脈拍が゜160も打つ。
ご飯が食べられないので、ガリガリに痩せた。
その時に、同居人が言った言葉が、笑わせるのだが、私は、もうダメだなと思い、私が死んだら、長男や、次男を育ててくれる人と再婚してほしいと言ったら、何と、死んでから離婚出来るかなと言った。
それらの事、すべて過去の事で、思い出す必要がない事で、但し、忘れない。
結婚生活についての知識が不足しているから、という考え方は、自分の生育が関係している。
私の家庭環境は、母や父との関係が何にも増して大きく、二人の喧嘩をしている日常しか浮かばない。
父親は、いつも、お給料を落としたと言い、母親は、怒って物を投げて泣く。
父親とは、そういうだらしのない人なのだとの認識。
しかし、よその父親を知らないので、本来の男の威厳のようなものは知らない。
男が、だらしがなく、嘘をつき、好色で、家庭的ではないとの認識。
結婚したら、そういう家庭ではなく、私の生育歴を話してそういう風にはしないよと言ってくれる人を探したつもりがそうではなかった。
その辺が、原因だと思う。
下手だったのだ。。男の選び方が。。
しょうがないのだ。
父親をみているから。。。
嘆きながら、暮らしている姿は、私の母親と同じだ。
馬鹿の権化である。
ただ、これも学習したのだが、嫌だとか、何とかしようとか心の中で思わないようにしている。
相手が面白おかしく、楽しく、私の事なんか忘れて暮らしてほしいと思うようにしている。
相手を罵ると、私に帰ってくる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
補う。 母/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる