アクセスカウンタ

zoom RSS 理解

<<   作成日時 : 2017/11/12 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

パート先では、テレビや、カセット等がかかっていないと、とても静かで、時折、どなたかが歌う、凄く昔の戦争中の歌が聞こえてくる。
何かの会話は、なかなか難しいようだ。
朝から、お昼そして、夕方にかけて、その場所で仕事をしている。
テレビがついていると、部屋の中にいても、ニュースや、ワイドショーが聞こえてくる画像
そんな時に、思わず、モップの手が止まる事がある。
悲惨な事件は、見る事が出来ず、耳で聞くだけ、どうしても、見るに堪えない内容だからだ。
悲惨な事件と、前後して、やはり、見るに堪えない出来事を放映している。
当選して、ある仕事に従事する女性だが、あちこちで、ある行動をしていて、見られているのに、堂々と何もしていないと言い、当選なのだが。。。
あるインタビューをモップを動かしながら聞いていたら、有権者が、もうしないようにと言ったら、していませんっと言い切っていたが。。
はて、どこかで聞いたことのある返答だなと思って、考えていたら、思い出した。
あのザラっとした逆なでするような感覚は、ごく身近で起こっていたのと一緒だ。
もうある程度、どうでも良いと思ってきているので、冷静に思い返すだけ。
同居人のしている行動が、一緒だったと思う。
もう本当に、そんな事はどうでも良いと思ってしまい、頭の思考回路を使うのがもったいない位
ザラっとした感覚にさせる、人物がもう一人いて。。。画像
姉の事。
今も思い返してみると、どうしてもザラっとなのだ。
兄のお葬式の後、兄の車に乗ってどこかに出かけた。
どうしたのかと聞いたら、車の査定に出かけていたらしい。
書類がそろわないといけないので、諦めて帰ってきたらしい。
それを、妹が教えてくれた。
母親の通帳にあった、何百万のお金を何だが使ったらしいが、一円も入っていなかったと言った。
私は、妹から内容を聞いていたので、びっくり。。。
そのほかにも、色々、色々。。。
どうして、そんなウソをつくのかと考えたのだが、もし、同居人と一緒の思考の人なら、多分、やっていても、脳内処理の結果、やっていないという結論になったのだと思う。
妹が、兄の通帳を管理していたので、どこにあるのか知っていて、それを取りに実家に行った。
お葬式が終わって、実家に皆が集まった時には、もう、既に、妹がそれを自分の家に持って行った後。
私は、通帳がどこにあるのかとか、金目の物についてはまったく、関係がなかった。
実家に行っても、ご飯作りと掃除だけしていた。
通帳類を取りに行ってきた妹が、報告に来た時、ああこれで安心だと思ったので、良かった、よくやったねと言ったのだが、
それを、姉が耳だけで聞いていたらしく、二人で共謀して、通帳を隠したでしょ と後から言われたが、
もし、お葬式が出ていて、誰もいない家に、そういうものが置かれたままであったら、他の場所に移すのが普通だと思うので、共謀と言われると大変困るのだが、少しだけ、姉が怖かった事は認める。
姉が、それを手にすることは、避けたかった事は認める。
その後、実家に半月以上姉は留まっていて、初七日から、四十九日までの間、訪れると、テーブルには、古い領収書や、何かの書類が、山と積まれていて、何を探していたのかと、恐ろしかった。
真珠が沢山付いている両手に余る位の銀細工の置物も、探していたが、兄が私にあげるよと言った品物だが、
私は、いらないのでいらないと断った経緯がある。それを妹が持っていったようだが、姉が探していると話をしたら、家から持ってきた。姉は、それを三等分しようかと言った。
私、ほしいとは思っていなかったので、断った。
その後、妹と分けたのかは知らない。
兄の財産は、実家のお墓を守る人が持っていけば良いと思うので、このままで良いと思う。
しかし、姉は、まだ弁護士をたてて、、、とか、母のお葬式代として、700マンを振り込んでとか、妹に話をするが、
母のお葬式は、していないと思う。
半年後に知り、姉の家に、駆け付けた時に、戒名もない母の白木のお位牌を見た。
散骨するらしい。
今もそのままだ。
類は友を呼ぶらしいが、私の周囲には、私とはまた、違う性格の、嫌な性格の人間が寄り集まる。
私が筆頭である。
嫌な家系なのだと思う。
兄が絶やすと言っていたが、私の大切な次男が同じことを言う。
次男の血は、同居人のサイコと、私の実家の変テコナ精神異常のような性格が、交じりに交じっている。
それでも、生きていかないといけない。
この世の中、何が正常で、何が異常の部類なのか分かりにくい。
同居人も、姉も、個性と言う部類には、分類されない。
個性ではない部類だと思う。
関わりのある人間は、悲惨である。
次男が、どのような人生を行くのか、と思う。
結局、あの性格を表すのかと思う。
ただ、思いやりの気持ちだけは、忘れないでほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
理解 母/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる