行かないのと、、行けないのと、、。

夫が、泌尿器科から帰宅して、珍しく私に話かけてきた。
いつも、何も言わないし、話しかけても返事もしないのに。。
心筋梗塞の酵素がかなり多く出ていて、泌尿器の医師があわてたそう。。
それで、循環器の主治医に電話をかけて、指示を仰いだようだ。
私は、少し前に、循環器の主治医に病状を聞きに行っているのだが。。
酵素は、以前より多くなっているが、夫の状態はとても安定している。cat-649164__480.jpg
痛みもなく、息切れもあまり起きていないようだ。
相変わらず、危ない数値なのに、いたって元気。。。
その話の最後に、医師が、奥さんにも聞いてもらいたいから
来てもらうようにとの事だそう。。。
.私が、行かない、、と返事をしたら、、夫が一言、頼むよ。。。と言った。
自分で何でもできる人なのだから、どうしても必要な状態になったら、関わると思う。
交通費も、先月は、3万円もかかっている。
遊びで、行くわけでもないし、長丁場になるのだから、今は大丈夫だと思う。
本当の理由は違う。
この50年を考えると、大変無駄な過ごし方をしたと後悔している。
何か途中で、行動ができたはずなのに、しなかった事を後悔している。
結婚とは、こういう風に皆、耐えるものなのだと思うようにしていた。
ところがぎっちょんである。ぎっちょんの意味は分からないが、、、。
耐えていても、何の得もないことが分かった。
高齢になって、一緒にいると、あんな風に怒鳴られる事があり、
それを庇ってもくれない伴侶なのだ。
怒鳴られた妻が、どんな気持ちでいるのか思いもつかないのだ。
病気を治してもらっているからしょうがないと、思うのもありだが。。。
それとは別に、どうしてあんな風に怒鳴ったのか、気にならないのかと思う。bd0af0e8.jpg
私は、長年寄り添ってきた、苦楽を共にしてきた伴侶ではない。
誰よりも大切な、人ではないということだ。
怒鳴った医師に対しての、思惑はあまりないが、
それを見ていて、知らん顔をしている人間に対して、
正体見たりの心境だ。

あるドラマで、ある教会で、ある男性が、ある女性と共に、祈り、
この人と、御爺さんや、お婆さんになっても一緒に暮らしたいのですと祈るシーンがある。
そういう人は、お金がないと言われても、おれはシランシランなんて答えないと思うし、
なぜか、怒鳴られている妻を見て見ない振りなんかしないと思う。
そういう事をしたら、何もかも、無くなってしまうのだ。
人に対して、思いやりも持つが、自分自身も大切にしたい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

alice
2020年12月24日 08:10
母さんのお考えや湧き起こる感情は自然なものだと感じますよ…
誰よりもご自身を大事にしてあげてくださいね…
2020年12月26日 18:29
コメントを有難うございます。

仕事場でも、殆ど、話をしないで仕事をしていましたが、
何となく、声をかけられることが多くなり、とても負担です。
私は、結婚をして、とても傷つきました。
深い深い傷です。
人を信用できなくなったのです。
家庭というものは、労わりあい、苦しい時も分かち合い、年月を過ごすものだと思って結婚をしたのです。
それが、結局、他人だったのだと分かっただけです。
情とか、労わりあうとか、人間らしい感情を交わすことがないのです。
過去ばかりに囚われずに、今を自分が出来る事をして生きて行くことが良いのでしょうね。
出来るでしょうか。。。
alice
2020年12月28日 22:34
↓これはお読みになったら心に留まる、留まらないに関わらず削除をお願いします。
2020年12月30日 02:51
Aliceさん、心のこもつたコメントを有難うございます。
削除をしました。。
よく分かる内容でした。
そのよく分かる内容をどうして、心に入れて明るく出来ないのかと思います。
一言で書きますと、悩んでいるという状態で、ドツボにはまっているのだと思います。
もし、あの人が、元気でいる状態だとしますと、昨年のような状態の毎日だと思います。
玄関で、靴を履きながら、おまえのような冷たい女はいないぞ、他の女はもっと優しい。。と言い玄関の戸を閉めました。
私は、家を出たら何があるか分からないと思い、言い返す事もしなかったです。彼は、そういう対象を見つけて、楽しく暮らしていた矢先です。
彼については、愛情とか、長年の情とか100%以上ありません。
今迄の様々な出来事や、言動がそうさせました。
彼の病気が発覚する少し前に、私は、不整脈になり、苦しみました。
大阪の知人に電話をかけて、大泣きしました。
もう限界で、苦しいと訴えました。
リビングで、寝そべっている姿を見ると、具合が悪くなります。
まるで、家政婦のように、あれが食べたい、紅茶をいれろと命令です。
今迄は、少し言い争いをすると、一か月以上無視をして、障碍のある子供の状態を話をしても返事もしないという事の繰り返しでした。
私は、あまりにも、酷い目にあつたので、生きて行く上で、反応をしないようにして、暮らそうと思ったのです。
許すとは、どういうものなのかと思います。
忘れる事でしょうか。あいてに同情して、情けをかけることでしょうか。
嫌なものは嫌と言えず、家庭ごっこのお付き合いも限界でした。
これを常に思い繰り返していると、また、体調をおかしくするのだと分かっています。
現に、体調が悪いと感じています。
具合が悪くなるのなら、忘れたほうが良いという事だと思います。
はたして、私に、その力量があるか??だと思います。
自滅しないように、無駄な思考をなくすように頑張ります。
多分、頑張れると思います。
アドバイスを有難うございます。