少しずつ。。。

昨日は、単独である診療科に状態を聞きに行った。
これから、どのように対処していけば良いのか、分からない。
本人を前にしては、言わない事もあるかもしれない。
あちこちの友達に、相談をしたら、殆どの人が、聞きに行きなさいとのアドバイスだった。7a4dfbd892c7fedd1e2b78f552e77a8e.jpg
きかないと、どうして過ごしたらよいのか、本人も後で後悔をするかもしれないとの事。
本人は、状態が好転していくと思っているので、とても楽観的だ。
その様子は、落ち込んでいるよりは良いと思う。
複数の診療科に、受診をしている時点で、かなり覚悟をしないといけないらしい。
一つの診療科での話は、その科だけであり、其々聞きに行かないといけないようだった。
しかし、相談に行った診療科で、ある程度の内容を知った。
思ったよりも、、、、だったので、生活態度を変えていく事にした。
ある医師は、夫に転移している部分について、本当の事を言っていなかった。
私が、気にしていた骨転移と、リンパ転移だが、カルテには書かれていた。
私が、それを知る事は必要であり、もっと早く聞きたかったのだが。。。
前立腺癌は、縮小していて、このまま小さくなるようなら、様子次第では、
人工肛門は、避けられそうだ。
専門的な事は、分からないが、放射線治療をしないのかもしれない。
言わなかった理由は、多分、配慮だと思う。
言っても、言わなくても、結果的には同じ事になるのかもしれない。
今の私は、50年の年月を考えた行動をとるべきなのかもしれない。
思ったよりも、事態は深刻であり、一歩一歩がとても大切なものだと思える。
リンパ転移とか、骨転移とか、深刻な状態を知らないでいたら、
多分、逃げ回って暮らしていくと思う。
声をかけても、返事をしない人。
優しい言葉等、かける事が出来ない人。afb97b0f.jpg
嘘をつく人。
その他色々色々。
それでも、病気になった。
それも、かなり深刻。
痛みもなく、食欲もある現在からは、想像が出来ない。
50年も一緒に過ごしていると、返事をしないからと思えると声掛けもしなくなる。
昨夜は、夕食をリビングに置いて、二階に行こうとしたら、下で食べてよと言われた。
あの横柄さは、どこに行ったのか。。。
医師の事はを思い出した。
普通に、いつものように生活して過ごしたらよいという言葉。
別々の食事をしていると、とても心の負担が減り、自由に感じるのだが、
それをいつものようにしないで、夫と向かい合って食事をする事にした。
一つ一つ、それが何かに記録の様に、刻まれていく。
知ってしまったら、その何かの記録が刻まれていくように、丁寧に生活する。
受診は、とても有意義だったと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント