まるで逆。

20日朝、夫が無理やり退院してくる日。。
宅急便か届いたのだが、差出人が夫のよく通っている居酒屋のご主人からだった。
宛先が、私の名前になっていたので、これはどうしたものかと。。。。
御礼の電話か、てがみか、、?。しないといけないのか。。
しかし、ずっと以前に、夫の浮気事件で、夫が自分の周囲の人達、私の二男にも、私が気がふれたと言って回った。
二男は、確かめる為に私にある行動をとった。。
それで、夫がおかしいとなったのだが、世間様には何とも言えない。
居酒屋の人達にも、私の事は知れているようだ。
その居酒屋の主人に何と御礼の電話等をかければ良いのか?。
一言でいうと、恥かしいのだが。。。
そんな事を、退院の日に朝から考えていたら、いきなりきたのだ。。。
丁度、おへその上辺り、真横に痛みが走り始めた。
ずきずききりきりずきずききりきりの繰り返し。。
電車の中でも、我慢。。。
退院する部屋の前に来ても収まらず、
痛みのあまり、座り込んでしまった。
あいつが出て来るのに、
私は動けないという訳だ。
そばにいた綺麗な女性が
、慌てて椅子を付けて、
ここに寝なさいと促してくれた。
少し気が遠くなる感じがして
、困ったなと思っていたら、彼女が水を買ってきてくれて、1588409874251.jpg
看護婦さんも呼んでくれた。
膝を立てた状態で、くの字のような感じ。。
彼女は、自分のお母さんが退院する為に来ていたのに、
私の手を撫でて励ましてくれた。
救急にかかる事になり、車いすに乗せられて移動する時
、彼女が押してくれると言ったのだが、
看護婦さんが、身内なのかと聞いていて、
彼女が違いますと言ったら、私達がしますと言って
診察室まで、連れて行ってくれた。
世の中には、とても優しい方がいらっしゃると、
とてもありがたかった。
寝ている私を夫が見て、何してるんだと言ったのだが、
みりゃわかるだろと言いたいのだが、
ヘナヘナとしていて、声も出なかった。
色々と検査もしていただき、ストレスとの事。。。
帰りの道は、私の前を夫が歩き、
その後ろを私がトボトボと歩いて、
地下鉄の空いている座席をみて、
夫が顎で指し、座れと言ったのだが、座ってしまった。
どちらが病人かと言う感じだった。

夫の病気は、おいそれとはならない位の1593957152477.jpg
大変な状態のようだ。
前立腺のガンは、本来は栗のような大きさなのに、
大きなものだった。
しかも、悪性。。。
前立腺のすぐ上にある膀胱は、三分の一位浸潤。
S字結腸腫瘍、盲腸腫瘍、水腎症、深部静脈血栓。。。
でも、不思議なのは、痛みがあまりない事。
お尻がチクチクと痛いくらい。。
本来、あまり痛みを感じない
性質なのかもしれない。
ホルモン療法は、始まっている。
薬は、新しい効き目の良い薬になったらしい。
但し、副作用があるらしい。
今後は、放射線治療もあるらしい。
来年の一月に、人工肛門の手術をするらしい。
予定は未定。。。。。
8月15日の血液検査のデータは、とても良かった。
一か月半位で、様々なデータが不良状態になった。
この変化は、ちょっと考えてしまう。
予想しえなかった事。。
あまりにも早い変化に戸惑い、何だか夢を見ているよう。
治療金額も未定。。。。
放射線治療が、とても高額とのこと。
私はというと、、、友達の言葉だが、
あなた、ちょっとやせたでしょ、と言う状態だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

alice
2020年10月29日 20:33
世の中には本当に優しい方がおられますね。
お身体、ご自愛下さいね。
2020年10月30日 00:18
Aliceさん、とても驚きました。。
親切にされる事なんて、今の世の中あり得ないです。
コロナがあり、もし、私が、、、だったら彼女に迷惑をかけている処でした。
私は、きっと出来ないと思います。
車いすで、エレベーターに乗せられた時、彼女がこちらを心配そうに見ていたのですが、
私は、申し訳なくて、思わず両手を合わせてお辞儀をしてしまいました。
彼女も両手を合わせて、お辞儀をしました。。
色々な考え方があると思いますが、あの方の暖かいものは、今でも私の心の中にあります。