再び横浜。。。

前回、グルメ切符で横浜の中華街に行ったが、また、行ってみた。めじろ.jpgめじろ.jpg
若い頃、横浜や、金沢八景、佐島、茅ケ崎に遊びに行くことが多かった。
親戚の叔父の経営しているお店が、デパートにあり、そのお手伝いで行くようになり、お店の若い店員と仲良くなり、
よく遊びに行っていた。
中華街や、元町をブラブラしたり、ニューグランドホテルで、お茶をしたりする程度で、満足していた。めじろ.jpg
佐島マリーナのそばに、民宿をしている友達がいて、周辺をオートバイに二人乗りして、徘徊。。。
佐島は、山もあり落ち着いた場所だった。
山の上の方に行くと、どういう訳か、外国の人が沢山ウロウロとしていた。
少し、ハイカラな場所だなと思った。
結婚をして、障碍のある長男が生まれて、何もかも変わった人生を歩み始めた。120507905620916223838[1].jpg
横浜をふと、思い出す現在は、きっと、その変わった人生が、更に変わる事を表しているのかもしれない。キャリコ.jpgキャリコ.jpgキャリコ.jpg
そして、行ってみたら、中華街は、お土産屋さんか沢山増えて、雰囲気が違っていた。
それでも、懐かしくて、ぼーっとしてしまう。
今回の目的は、サテンの小さな巾着を買う事と、グルメ切符で美味しいご飯を戴く事。。。
前回は、少し拍子抜けして、こんな感じなのかなという感想だが、どうも、パンフレットを見ると、
凄く豪華な食事のお店もあり、もう一度行ってみようとなった。
同行する人は、以前の友達で、二人で、行こうよなったのだが、食事を選んで検証しようという心も二人で一致。
選んだお店は、あちこちに新館や、別館や、販売店がある中華料理のお店で、大変良かった。
メニュー通りのお料理が出て来て、お茶もポットに沢山入っていて、二人でニコニコとしてしまった。
以前のお店では、ものの10分もかからず、食べ終わって、お腹が空いた状態でお店を出ていたのに、今回は残してしまう位の量で
しかも、とても美味しい。
中華料理で、魚介も入っていたが、匂いがなくて、味付けも丁度良くて、隣の外人さん達も、とても楽しそうで、席を立つ時、119401850930016319698[1].jpg
女性の外人さんが、お腹が一杯というジェスチャーをして見せたので、大笑いしてしまった。
時間があまりないので、駅に向かったのだが、行きの電車では、人身事故や、信号関係の遅れ、行先変更のアナウンス等があり、
予定の時間より、遅れたのだが、帰りも、遅れがあり、予定通りにはいかないようだ。
今度は、秋口に、どこかに出かけるかもしれない。
近場に限られてしまうが、本当は、どうしても行きたい場所がある。
名古屋に、住んでいた頃、長男の言語訓練で通った高蔵寺という場所。
あの小児病院で、長男の先を明るく見る事が出来た。
言語訓練でのひと時は、私の心の中にいつまでもあり、事あるごとに思い出す。
どうにもならないと思われる状態でも、何とか進める事を教えて戴いたから。。。
暇になったら、一人で名古屋に行ってこようかと、真剣に考えている。
秋口になると、あの高蔵寺の青い空と、冷たいきれいな空気、鳥のさえずり、静かな空間を思い出す。
思えば、長男と、私は、沢山の善意の中で暮らしていたと思う。
私の、心の中にいる長男は、もう一度行きたいねと言っていると思う。

横浜.jpg
156696277203973088676-thumbnail2[1].jpg

そう考える。

一緒の仕事をしているパートさんが、辞めるそう。。葱坊主2.jpg
色々な理由があるらしいが、一番の理由は、体力的なものだそう。
もう、三年目の私なのだが、やはり、少し嫌になっている。
先日、オカルト紛いの出来事があった。
仕事中、タオルが汚れると、トイレの中の水場で洗うのだが、ついでに、トイレを使用をする時がある。
その時に、外のドアをコンコンコンとノックする音がして、すぐに、かなり凄い音でドアをドンドンと10回位叩いている音がした。
すくに外を見たのだが、誰もいなかった。
その話を、いそがしですかの彼女にしたら、彼女は、真っ暗なごみの集積所のドアを開けたら、ハンディのある男の子が、真っ暗の中立っていたそう。
こういういたずらに付き合いきれない。
そして、私の話を聞いて、隣の男子トイレを見たかと聞いてきた。
誰もいなかったので、そのままにして、タオルを洗い、掃除の場所に戻ったと言ったら、男子トイレに隠れているはずだとの事。。。
もしかしたら、オカルトか??と思ってもいるので、何とも嫌な気持ちだ。
疲れて、少しトイレの中で、息を整える事も、何か用心しないといけないのは、きつい。。。
色々と、仕事に支障をきたすような、関わりがあり、面倒くさい。
そろそろ、辞める時なのかもしれない。
もう一人のパートさんと、同じ心境だ。
ただ、仕事をして、真面目にして、終わったら帰宅して、、、、という生活がどうして出来ないのかな。。
死にたいとか、明日魂が抜けますとか、明日棺桶に入りますとか、、、返答に困る。
彼は、真面目な顔で言う。
普通の職場として、成り立っていないと思えるのだが。。
誰が壊したか分かるように、名前を入れましたと言うのだが、、、、掃除機に。。。これって変だと思うのだが。。。