様変わり

仕事場の帰り道、駅に向かう十字路で、信号待ちした。
向かい側から、お婆ちゃんの自転車が来て、私と同方向にハンドルを曲げていた。20170311171430.jpg
一緒に渡る事も考えたが、危ないと思い、お婆ちゃんに譲った。
すると、そのお婆ちゃんが、何度も私を振り返る。
無視して、黙って前を見ていたのだが、目があってしまい、ふと、この人。。。。。見た事あるが誰だったかと考えていた。
笑い顔で、以前の若かりし頃の友達だと分かった。
あちらも、私をどこかで会った事があると、思っていたようだ。
自転車を降りて、一緒に渡り、駅前でお茶をした。
彼女は、老健の給食の仕事をしていたのだが、今もその仕事をしているとのこと。
お子さんは、長男と一緒で障碍児で、今は老眼になったと話をしていた。
人間の老化は、容赦しないようで、彼女の老化は、激しい部類だと思った。
私よりも、四歳も若いのだが、ちょっと、、言葉では言い表せない。
そういう私も、彼女はあれまあと思って見ていたようだ。
お互い様である。
ずっと以前、同居人が、大動脈解離で緊急入院して、集中治療室に運ばれた時、危ないと言う事で、四日市の義弟夫婦が来た。
病院で待ち合わせをしたのだが、スタバの前で待っていると連絡をして、待っていたのに、現れない。猫七月三十一日.jpg
椅子に座り、前方を凝視。。。
来ないなと思って、隣を見たら、お婆ちゃんが座っていて、やはり、何となく前を見ていた。
すると、一人のお爺ちゃんが前からこちらに向かってきた。
そして、何かの声をそのお婆ちゃんにかけた。
その声を聞いて、義弟と分かり、〇〇さんと声をかけた。
その声を聞いて、隣のお婆ちゃんが、お姉さん!!と叫んだ。
何と、、私たちは隣に座っていながら、分からず、待ち続けていたのだが。。。
その時も、彼女達の様変わりが、あまりにも、、、であって驚いた。
しかし、その私自身も、気が付かないでいるが、他の人がみたら、豹変しているようだ。
若くありたいとは、そんなに考えていない。
現実をみたら、抗えない真実を実感している訳だから。。。
相手を、軽蔑する程、愚かではないつもりだが。。
どういう訳だか、その様変わりの状態を経験すると、凄く大笑いしたくなり、どうしたのよ、、と言いながらしばらく笑ってしまう。
凄く楽しく感じるのだ。
変わってしまった様子が、とても可笑しい。
そういう感情を感じずに、年齢を重ねていく気持ちにはなれない。
そういう感情が持てない位、生活苦で過ごしていくのは嫌だ。





あれれ。。転んだそう。。

昨夜、帰宅した同居人。。。。gahag-011029.jpg
眼鏡をかけるド近眼なのに、眼鏡をかけていない。
眼鏡なしで、帰宅しているが、どしたの????。
と聞くことが出来ないのだが。。。
様子をみているが、今朝も眼鏡なしで、すっかり肩を落として、ため息をつきながら、玄関を出て行った。
帰宅してから、こそっと、お弁当箱を台所に出している姿を見たのだが、やはり、眼鏡がないが。。。。
失くしたのか、どこぞで転んだのか。。出先で置き忘れしたのか。。。
免許の更新等、率先して自分らしくしているのだから、眼鏡の購入位簡単だと思うので、何も言わない事にした。
眼鏡をかけていなかった初日は、23日火曜日。。
もしかしたら、25日のお給料日に購入するのかもしれない。と楽観視する。

7/25朝、つんとした態度で、テーブルの上のお弁当を掴んで、踵を返したので、後ろ姿に眼鏡どしたの?と
声をかけた。
どうしてかけたかと言うと、25日はお給料日なので、少し、懐柔してやったつもりで。。
黙って靴を履き、出て行った。
私は、自分のお弁当を包んで、仕事場に向かった。
78f0c564.jpg
別に、返事をしなくても平気のヘッチャラなので、気持ちも余裕のよっちゃんでした
ご飯を部屋に持って行った時、あれ眼鏡は?と改めて聞いたら、駅で顔面から転んだと返事をした。
そういえば右の目じり付近が赤くなっていた。
眼鏡が壊れたと言う事は、ガラスの破片が目に刺さったりする事もある訳なのだが、それもクリアか。。
またしても、強運、凶運である。
転ぶ姿を何度かみているが、どうしても笑いそうになるので、要注意である。
話を手短に聞いて、すぐにそばを離れた。
土曜日に眼鏡を購入することになった。
本当は、口を聞きたくないし、あまり関わりたくないのだが、お給料日と、年金支給日は、現金な私は豹変するのである。
事実、お金に困らなければ、私の空間は、まだ、広いのでそれさえ満たされていれば、相手が、何をしていても、興味がない。
おしゃれとか、身を飾る事には、興味がないが、自然の中に居られるようなお出かけなら、沢山してみたい。
交通費や、食事代が沢山あれば、ニッコニッコとしたおばあさんになる。





精神的、体力的。。。

1561057914949.jpgもう一人のパートさんの話を伝え聞いたが、仕事をしていると動悸がするらしい。
仕事時間は、私より一時間少ないのに、仕事をしている場所は一緒なので、かなり辛いと思う。
時間内に終わらせようとしたら、省く場所もあると思う。
共有の場所を一週間に一度づつしているが、大変だろうなと思う。
あの仕事をしていて、周囲をみていると、人間の本来の姿をみている感じがする。
飾りなく、体裁もない、お化粧をしている人もいない。
何に例えたら良いのか分からないが、あの空間がすべてとなる。
高年齢になれば、行動する空間は、確かにどんどん少なくなるのだが。
例えば、買い物は、いつも同じお店に、同じ時間帯に行く。
顔を洗って、そのままであったり、髪の毛もブラシもしないで、そのまま。。。
体の不調も影響すると思う。
先日、歯のかぶせものが取れて、神経を抜いて、新しいかぶせものを付ける事になっているが、こうして、歯が悪くなり、
抜けていき、補い合っていた隣の歯が今度は危なくなる。
この結果、歯周病となるのだろうか、歯が抜けてしまう。
高齢の方が多いので、総入れ歯の方が殆どなのだが、多分、カルシウムの関係なのか、ホルモンの関係なのか、歯が段々もろくなるようだ。
自分の歯で噛んで確かめるように食事をしたほうが、美味しいはずだと思う。
体の故障により、空間はどんどん狭くなる。
何もかも狭くなる。
何も、しなくなり、ずっとほんの数メートル四方を感じて暮らしている場合、心は、ある部分しか働かないと思う。
人様の事は、考えてもしょうがないが、自分自身の事は、冷静に考えてみたい。
どうせ行く道。皆、生き物であれば行く道、行く先には、何をしていても、悪い事をしていても、人様に意地の悪い事をしていても、
良い事をしていても、犠牲になる人生を送っていても、辿り着く場所は、誰も一緒なのだが。
下らない事で気もそぞろになり、大切な時間を浪費していた以前と比べて今は。。。。
同居人が、真夜中に悲鳴や、なにやら切羽詰まった雄たけびをあげるのだが、以前は、眠れなくなるくらい不安を感じていた。
それが今は、平気で自分のしている作業を続行させている。
眠りに付こうとしている時は、その声を聞きながら眠っている。
同居人は、あの車の更新の為の受講を内緒で受けていて、素知らぬ顔をして、土曜日に予約をしてと言っていたのだが、それがもう受講済である証拠の領収書を床に落として、発覚してから、すごく大人しい。
おどおどとしていて、髪の毛を洗うのも速攻で済ませ、体に至っては、水で洗っている。
私が、咎めると思っているらしいが、そういう下らない事はしないし。。
ばれた時、自分が隠していた事が露呈してしまったーーーという心境らしいが。。
予約をしてと言った時、オレウカルカナーーと言っていたが、あんた、、役者ですね。。。但し大根役者。ノーータリンですね。
段々、高齢になるので、うっかりミスが多くなり、隠しておくはずの領収書を床に落としてきが付かなかった模様。
そういう私も、この頃、とても怪しいうっかりミスをしてしまう。
もう、同居人には、問い詰める事もしたくないし、ほほーこれなにもう予約しなくても良いじゃない。この日帰宅しても何も言わなかったけど
普通、家庭では、言ってきたよと報告するんだけど。。。と。時間を聞いてもおろおろとして、何か良からぬ事をする時は分からなければ、大胆に行動しているが、ばれるとかなり、病的な反応をすると思った。
やはり、精神的な欠陥があると再認識した。
だから、相手にしないで、自分の行く末についてだけ、真剣に考える事にした。
でも、老いは、必ずそばにいて、あちこちにほれほれここが痛いだろうとか、階段で落ちても知らないよとか、あれあのそれという言葉が
沢山頭の中に浮かぶしかないよねと、言ってくる。
例の受講の事件から、何となく肩の荷が下りて、ほっとして、自分らしく暮している。
以前は、何を問いただしても、誤魔化すので、証拠が欲しかったのだが、それを、手に入れた心境だ。
今は、緊張感がなくなり、老化が進む感じで、油断できない。









思惑。。。

今朝は、肌寒くて、おまけに小雨がぱらついていた。
これから、15分位(順調に行けば、、)自転車に乗る。
前夜に、買い物に行った時、荷物を前かごに乗せようとしたのだが、自転車が倒れてしまった。
そのせいか、何となく、右に偏っているようなハンドルで、とても乗りにくい。
ガードレールの中で、何度も偏り、こすりそうになった。
自転車での、通勤は今年一杯位が、限界かもしれない。
危ないと言う事で。。。
普通に一日が始まり、日常が過ぎていくのだが、永遠と言う訳ではない。
日々、上書き修正のような事が起きる。
空き実家の片づけをしていて、亡き兄は、後を濁さずの精神で、兄の部屋の中は、余分な物が捨てられていた。
しかし、一階の台所とか、母親の部屋は、何もかも捨てるような感じとなっている。
ゴミと化した日常の品々が、どうにもならずにゴミの袋に入っていく。
片付けながら、我が家の場合は??と考えてみたのだが。。。
もう、半端ではなく、ぐったりと気持ちが塞いでしまう。
これを今から片すとしたら、さて、どうするのか、さあ次はどうするかと考えるが、意外に、あまり執着心がないので、ポイポイと捨てられるようだ。
ただ、どうしても、手が出ずに、見上げては考えてしまうものがある。
もう、十年以上前の出来事なのだが、同居人の悪友で、未だに居酒屋で逢瀬を重ねている男がいるのだが、例のシアリスを同居人にあげたと
嘘をついた男なのだが、その男が、ある宗教をしていて、同居人を引きずり込んだのだ。
その頃は、長男もいて、私は子育てと介護で大変な毎日だった。
どうして、同居人はその宗教に入っていったのか分からない。
二人で行こうと言われて、その場所に行った。
都内のはずれにあり、小さな山のような場所の上にその場所はあった。
優しい先生で、お昼をごちそうになり、様々な飾り物を受け取り、その場所を後にした。
神道であり、一日と十五日に、お榊を取り換える。
毎日、ロウソクを建てて、小さな本の中の口上を唱える。
かけまくも、、、で始まる。
私が家に居たので、その挨拶は毎日した。
長男が具合が悪くても、お世話をしていた。
その合間に、同居人は浮気をしていて、そのお世話を今思い返しても、五回位しかしていない。
矛盾をしていると思いながら、触らぬ何とかに祟りなしというのだが、もう、持ってきてしまったからしょうがないと思い、お世話をしていた。
その頃は、夫婦という観念があり、相手がする事だから、従おうと思っていた。
今は、まったくその意識がないのだが、もっと前にそう考えるべきだったと思う。
その宗教をなぜ、この家に呼んだのか、、未だに分からない。
私が、お世話を止めたきっかけは、家に女性を入れて、その神棚のある私の部屋を使ったからだ。
それ以来、見向きもしていない。
もう少ししたら、同居人の部屋に移そうと思っている。
悪友は、同居人がまったく祝詞を上げたりしていないことを知ったらどう思うのだろう。
お伺い日という日に出かけた事が、数度あるが、先生のお話を聞いている間、さも感服したような仕草をしていて、うんうんと頷いたり、感動した素振りをしたりしていた。
それでいて、ロウソクを建てて挨拶をしたのは、五回位。
背筋がぞっとするような、得体のしれない感情の持ち主だと今は分かる。
今は亡き、優しい先生の場所にお返しをするべきなのだと思う。
会費も払わず、お掃除にも行かず、年祭にもいかず、先生のご仏前への挨拶も行っていない。
部屋の片づけの度に、どうするのだろうと考える。
私が何かの行動をするのが今迄の通例なのだが、今回は私の役目ではないと思う。

雨の日模様。。

仕事先で、もめ事が多くて、気が滅入る。
自分には関係がない、と思えばそうなのだが、一人の作業であれば、それで良いのだが。。。あの場所には、仕事をしに行っていると思うのだが。。
様々な思惑があり、それを気にするのはあまり良いとは言えない。
やめる訳にもいかないし、、しばらくは様子見で過ごす事にした。
年末ごろに、何かの変化があるかもしれないが。。
人が、集まり何かの作業をする日常は、それなりの関係性が生じて、面倒くさい。ホント。。。
もう、三年目の仕事場なので、見えすぎてきたらしい。
仕事中の合間に、ハンディのある二人のおどけた写真を撮った。
洗剤のボトルを手にして、ダンスをしている所、、、二人共、とても可愛い顔をしていて、心が和む。
D9qVH6vU8AAWTJ9.jpg

先日の、横浜への小旅行は、とても楽しかった。
もう一度、八月の中頃に行くことになった。
今度は、元町を中心に歩くことになった。
時間がもう少し早ければ、例えば、五時過ぎに行動しているのなら、もっと色々と観る事が出来る。
その状態は、到底叶わない。
やはり、相手が家を出てから、電車に乗るしかできない。
もっと自由に、あとどの位この世に居られるのか分からないのだから、自分の思うように行動したい。
同居人も、あとどの位この世に居られるのか考えているらしい。
いられる間は、好きな事をして日常を送りたいのだと思う。
その邪魔をしないようにする。
家庭とか、妻とか、忘れても良い。
四十六年間も、様々な出来事を経験しながら、家庭を考えていたのは、私だけの様だ。
その考えを無くすことにした。
とても、軽くなり、明るく過ごすことが出来る。
仕事場の出来事も、大した事ではないと思う事が出来る。
幸せを感じるという気持ちは、一瞬であり、すぐに消えてしまう。
感じる気持ちは、とても大切だ。
それは、大金を手にしたからではなくても、例えば、トイレでの用事が簡単に済んだ時とか、朝、目覚めた時複雑な感情ではなかった時とか、
自転車で通勤中に、細いガードレールで、走行している時、対向自転車の人が、道を譲ってくれた時とか、スーパーで、扉を手で押さえて私に通れるようにしてもらった時とか。。。
こういう感覚は、年齢の為かもしれない。

長姉の鬱が酷くなったらしい。
何もしたくないと言っているか、多分、七月に納骨は無理かもしれない。
予定はたてても、その通りにはなかなか、、、うまくいかないものだ。
この気候は、体調にあまり良いとは思えない。
同居人が先週あたりから、空咳をしていたが、いよいよ本格的に、咳が酷くなっていた。
口を聞かない状態なのだが、ついに、クスリクレと言ってきた。
私の、風邪薬を渡した。
勿論、何も言わずに渡した。
もう、何かいう事がとても面倒で、でも、ご飯とか、お弁当はちゃんとしている。
別々の部屋で過ごしているが、とても心地よい。
テレビのチャンネルを数秒ごとに変えるという、イライラとした動作を見なくて良いので、心が落ち着く。
喉風邪らしいが、病院に行かなくても大丈夫なのか、分からない。
熱はない模様。。。
家の中にいる時は、窓を少し開けているし、マスクをして、部屋にご飯を運んでいる。
何しろ、こちらも高齢者なので、風邪をうつされたら、あんぽんたんである。
予防をするしかない。
(ふと、喉の〇病があるとの情報が頭をかすめたが、まさかね。。。)
油断大敵なのだが、こればかりは、気が付いたら熱が出ていたとか、喉が痛いとか伝染する。
仕事場に行く途中の,雑木林が大好きなのだが、雨の時は中の状態が変わる。
葉っぱが茂っているので、雨の落ち方が緩やかなのだが、あちこちに、白いカビが沢山繁殖している。
扁平な白いものの塊がある。
匂いも、いつもの葉っぱの匂いではなく、少し、鼻につくような匂いがする。
やがて、雨が止めば、そのカビも消えて、いつもの雑木林になるのだが、雨模様の時は、様々な変化が、生き物にも、どっしりと構えている
雑木林にもあるようだ。




びっくりの意味。。

南の国の人は、かーーッとなり、怒るが、割と早く元に戻る。
いつまでも、ねちねちと考え込まない。
但し、怒り方が凄い。。。。
体を震わせて怒る。
いそがしですかの彼女が、早退した。523.jpg


相棒のハンディのある女の子ともめた。。
どちらも、相手を思いやらず、自分の考え方で相対している。
彼女が早退した後、一人で黙々と働いているハンディのある女の子。。
近くに来たので、声掛けをしてみた。
反応は、元気がなく、顔色が青白かった。
覇気がなかつた。
いつもの場合、表情があり、目つきが明るかった。
この子と、どのように一緒に働くのが良いのか、、私には判断が出来ない。
ハンディのある子が、彼女の指示に従わず、物に当たっていたから、彼女が、体や、手が震える位怒ったのだが、
物に当たっている所をみたら、言い含める事を繰り返すしかない。
それは、大変ストレスを感じる作業であり、関わらないほうが無難であるのだが。。。
ハンディのある女の子の、対処しきれない状況が、顔つきに現れていて、帰宅してからもふと気になる。
働く場所については、理解のない人があまりいないような仕事場であれば良い。
私自身の亡くなった子供を思い出すと、重なり、可哀想に感じる。
私と同じ仕事をしている年齢の高い人も、少しストレスを感じる人だ。
〇〇の事、〇〇(私の事)さんが言っていたと、言っといてあげたよ とか、〇〇の事で、大変迷惑をしていると言ったんでしょというのだが、
私は、自分の事をモップと思ってほしいと言う位、関わりが嫌で、自分自身の発言は、言葉を選び、なるべく関わらないようにしながら、話をしている。
迷惑とか、自分勝手な発言は、もう何十年もしたことがない。
同じ仕事をしている人は、75歳で、耳が少し遠いのも、凄く驚くのだが、驚くというより、75歳位で耳まで遠くなるのかと、がっかりするのだ。
考え方も、人の迷惑とか、思いやりがなくて、言ってしまえば良いという感じだ。
その言葉を伝えると、相手がどのように判断するのか、考えて言葉を選び、話をするはずなのだが。。。
老化とは、こういう風に忍び寄るのだ。

気が付いたら、歯が抜けていたという事を経験しているのは、私よりも二歳若い友達だ。
一緒に横浜に行った時、前歯の下の歯がないのに気が付いた。
どうしてないの?と聞いたら、自然に抜けたと言うので、びっくり。。。みいちゃん3.jpg
奥歯もないと言うので、更に更にびっくり。。
歯根はあるらしいので更にびっくり。。
治療をしないと、歯根が悪さをすると思うのだが、、、素人考えか。。。
そういう私自身だって、若い訳ではないし、自転車通勤をしているが、乗っている時に、振り返る動作をしなくなった。
同居人が、空を見上げただけで、自転車ごとひっくり返るという、離れ業をしたからだ。
車の往来の激しい道路では、一直線を見つめ、交差する道に来たら、右左を見て、ただひたすら、ゆるゆると走り続けて、仕事場にたどり着く。
そんなに用心していても、横断歩道にたっているだけで、車が突っ込んでくる世の中だ。
辿り着いた時は、本当に安心する。
一つ難関を超えたと思うのだ。
次は、仕事場での対処で、部屋数30から40室の床を掃除機で掃除、タオルモップで拭き掃除、ベッド内を掃除機で掃除、掛布団を整えるという作業をする。
休憩時間は、昼の一時間のみ。。
きついけれど、誰かが、早くしなさいとか、追い打ちをかけるような言葉をいう訳ではないので、自分の流れで動ける。
その作業も、そろそろ辞め時かなと思う。
体を壊してまで、働きたくないから。。。作業的には、本当にキツイ。