思惑。。。

今朝は、肌寒くて、おまけに小雨がぱらついていた。
これから、15分位(順調に行けば、、)自転車に乗る。
前夜に、買い物に行った時、荷物を前かごに乗せようとしたのだが、自転車が倒れてしまった。
そのせいか、何となく、右に偏っているようなハンドルで、とても乗りにくい。
ガードレールの中で、何度も偏り、こすりそうになった。
自転車での、通勤は今年一杯位が、限界かもしれない。
危ないと言う事で。。。
普通に一日が始まり、日常が過ぎていくのだが、永遠と言う訳ではない。
日々、上書き修正のような事が起きる。
空き実家の片づけをしていて、亡き兄は、後を濁さずの精神で、兄の部屋の中は、余分な物が捨てられていた。
しかし、一階の台所とか、母親の部屋は、何もかも捨てるような感じとなっている。
ゴミと化した日常の品々が、どうにもならずにゴミの袋に入っていく。
片付けながら、我が家の場合は??と考えてみたのだが。。。
もう、半端ではなく、ぐったりと気持ちが塞いでしまう。
これを今から片すとしたら、さて、どうするのか、さあ次はどうするかと考えるが、意外に、あまり執着心がないので、ポイポイと捨てられるようだ。
ただ、どうしても、手が出ずに、見上げては考えてしまうものがある。
もう、十年以上前の出来事なのだが、同居人の悪友で、未だに居酒屋で逢瀬を重ねている男がいるのだが、例のシアリスを同居人にあげたと
嘘をついた男なのだが、その男が、ある宗教をしていて、同居人を引きずり込んだのだ。
その頃は、長男もいて、私は子育てと介護で大変な毎日だった。
どうして、同居人はその宗教に入っていったのか分からない。
二人で行こうと言われて、その場所に行った。
都内のはずれにあり、小さな山のような場所の上にその場所はあった。
優しい先生で、お昼をごちそうになり、様々な飾り物を受け取り、その場所を後にした。
神道であり、一日と十五日に、お榊を取り換える。
毎日、ロウソクを建てて、小さな本の中の口上を唱える。
かけまくも、、、で始まる。
私が家に居たので、その挨拶は毎日した。
長男が具合が悪くても、お世話をしていた。
その合間に、同居人は浮気をしていて、そのお世話を今思い返しても、五回位しかしていない。
矛盾をしていると思いながら、触らぬ何とかに祟りなしというのだが、もう、持ってきてしまったからしょうがないと思い、お世話をしていた。
その頃は、夫婦という観念があり、相手がする事だから、従おうと思っていた。
今は、まったくその意識がないのだが、もっと前にそう考えるべきだったと思う。
その宗教をなぜ、この家に呼んだのか、、未だに分からない。
私が、お世話を止めたきっかけは、家に女性を入れて、その神棚のある私の部屋を使ったからだ。
それ以来、見向きもしていない。
もう少ししたら、同居人の部屋に移そうと思っている。
悪友は、同居人がまったく祝詞を上げたりしていないことを知ったらどう思うのだろう。
お伺い日という日に出かけた事が、数度あるが、先生のお話を聞いている間、さも感服したような仕草をしていて、うんうんと頷いたり、感動した素振りをしたりしていた。
それでいて、ロウソクを建てて挨拶をしたのは、五回位。
背筋がぞっとするような、得体のしれない感情の持ち主だと今は分かる。
今は亡き、優しい先生の場所にお返しをするべきなのだと思う。
会費も払わず、お掃除にも行かず、年祭にもいかず、先生のご仏前への挨拶も行っていない。
部屋の片づけの度に、どうするのだろうと考える。
私が何かの行動をするのが今迄の通例なのだが、今回は私の役目ではないと思う。

この記事へのコメント

ゆき
2019年07月19日 06:28
初めまして、こちらのブログとは場違いな内容で恐縮ですが、この度は21日開票の参院選において、ブログ主様に今一度この事を思い出して頂きたく、失礼とは存じますが、書き込ませて頂きました。

国民として忘れてならない2009年、メディアの世論誘導により誕生した民主党政権でしたが、その3年間は公約をほぼ全て反古にし、1ドル80円株価8千円の超円高を誘導し、企業の倒産が激増、雇用が空洞化し、日本は経済破綻寸前まで追い込まれたのは周知の通りです。

現在、国の収益、株価、求人倍率共にバブル後の最高を記録する等、着実に経済を回復させ、脅威を増す中国や北朝鮮への対応、外交においても各国からの信頼を築いている現政権を失う事は、再び苦境の時代に戻る事を意味します。

今回の老後2千万円問題についても、野党とメディアは印象操作で国民を騙し政権を取った、2007年の再来を狙っていると思われ、報告書は年金制度自体に問題を指摘したものではない事はこちらに詳しく書かれています。
https://ttensan.exblog.jp/27649651/

一人でも多くの方が野党やメディアの実態を知り、国を守る為に皆様一人一人が報道される情報の真偽を自身の目で正しく見極め、この度ブログ主様や皆様にもその大事な意思を、是非投票によって示して頂きたいと思っております。
突然の書き込み、長文乱文お詫び申し上げます。
2019年07月20日 00:31
コメントを読ませていただきました。
沢山の方に、沢山の切実な内容のコメントをされていると推察致します。
安倍政権は、今迄の政権の中で、私なりの個人的な意見ですが、一番良い外交をしていると思いました。
大切な事は、目先のブラスの部分ではなく、今生まれてきている子供達、これから生きて行く子供たちの為に必要なものを見つける事だと思います。