アクセスカウンタ

zoom RSS ふたつの。。。

<<   作成日時 : 2018/01/31 03:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

次男が帰宅して、友達と初詣に出かけた。
私と同居人は、初詣というものには、もう一緒には出掛けない。画像
多分、あちらが、離婚しようと思っていたので、ああやって沢山のお守りや、車の中に、自動車用のお守りを二つ買った白い空袋があったのだと思う。
そのまま離婚に進んでくれたら良かったのにと思う。
離婚を考えていたから、私の部屋の中にあるはずの家の登記簿を探していたのだろうか。
兄からもらった株の証券会社からの通知も気になっていたようだ。
来るはずの通知が来なくて、ある日関係のない引き出しに、開封された封筒が入っていたりした。
お守りを入れる袋は白い。
その白い袋を、次男が出してきた。
お守りを買ってきたよと言って、出してきた。
手には、二つのお守りが乗っていた。
一つは、おやじにあげて、こっちのはお母さんだよと言った。
私は、あのお守りをじゃらじゃらとつけていた、あの男のキーホルダーを思い出して、凄くいや〜な気分になった。
でも、自分であげたらという残酷な言葉は、出なかった。
次男と、あの男は、決して口をきかない。
世間では、よくあることだと思う。
お守りを二つ買った次男の心情は何なのかと思う。画像
この部分が、離婚を嫌がる根底なのかもしれない。
家庭という部分というより、一緒に暮らす家が壊れるのが嫌だったのだと思う。
散々考えた末、あの男に次男からとお守りを渡した。
その後については、考えたくない。
どうせ、善悪の判断もつかないのだろうから、どう思おうと関係ない。
今年は、とても、つまらない時間が経過していくだろう。
但し、いなければ、それが良い
お互いの為には、離れている時間が大切だ。
家庭という器が割れてしまい、しかも、粉々に跡形もなく割れてしまった。
私の目の前には、今まで通りの家があり、普通に生活しているが、その場はもう家庭ではない。
同居して、生活しているだけだ。
今からでも遅くない幸せに暮らしたら良いと言うと,アパートや生活ものを用意してくれたら、いつでも出ていくと言う。
私は、なにもしていないのだから、関係ない。何かをした人が自分でけりをつけるべきだと言い返した。
もう怒鳴り合うという行動を、まったくしたくない。
だからデートしようが、初詣も、誰といっても興味がない。
私とは、一生行かない。
人生をともに暮らす為に、神様にご挨拶をしに行く事は出来ない。
もう、お互いの人生は違う道を歩いているから。。
あちらは、女中がほしいだけ。
私は、お金がほしいだけ。
もう本当に、粉々に跡形もなく、修復も出来ない位、どのような形をしていたのかも分からないし、分かる必要もない位、そこに何かあったのかという興味もわかない。
滅茶苦茶な過去よりも、今から他の世界に移るまでの短い時間の経過を考える。
今迄、くだらない感情の時間を過ごしてしまって、もったいなかったなと思う。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
次男さんの気持ち、分かりますよ。
うちの息子たちも父親とは会話しません、夫が話しかければ
返事はするけど自分から喋ることはほとんどないです。
次男が高校生の頃に息子たちに一度だけ真剣に離婚を口にしたら
二人とも、して欲しくないと言いました・・・
二人とも幼い頃に暴力や暴言を受けてたのに・・・ですよ・・・。
子供にとってどんな父親でもこの世でたった一人の父親なんでしょうね・・・
夫は長男や次男から何かもらったら(滅多にないけどね)
紙切れ一枚でもお守りのように大事にしています。
ご次男さん、優しいね〜お守りだなんて・・・
ご主人もきっと喜ばれるよ、言葉や態度に出さなくても嬉しいと思いますよ。
そのお守りで良い?方向に向かえばいいのにね(#^.^#)
パセリ
2018/01/31 21:25
パセリさんのご主人は、ワンマンの性格なのですね。
私の家の場合は、人間もどきという感じです。
人間らしい思いやりや、善悪の判断、ろくに頭も使わず好色な事ばかりに興味をしめし、何とか楽しく暮らしたいのです。子供の事も、家の事も殆ど興味を持っていません。話をしていて、デートをした後、今度はいつ会おうかと決めてるんでしょと言ったら、叫び声をあげていました。図星だと心が乱されるようです。知らない知らないと叫んでいましたが、私は笑ってしまいました。
この家ではなく、どこかに暮らして自由にしたいことをすれば良いと思います。あの年で、若い女に入れ込むなんて知性のかけらもないと思います。
今年は、辛い年です。我慢の限界なのです。苦しいです。なぜそばに居るのかと思います。
こんな表現はいけないと思いますが、目、動作すべてが、気持ちが悪いです。向かい合って食事をしている時、突き上げるような吐き気に襲われます。
どうしても、〇間に見えないのです。形はそうですが、何か変なものに感じます。この表現いけないですよね。
でも,、、。

2018/01/31 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふたつの。。。 母/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる