アクセスカウンタ

zoom RSS 普段どおり。。

<<   作成日時 : 2016/12/13 02:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

夕方に、次男が出発をした。画像
二人で、リビングでお茶を飲んでいる時に、眠れないので心療内科にかかることにしたと言った。
ずいぶん前から、引きこもりの頃から、昼夜逆転のような時があったのだが、まだ、尾を引いていたようだ。
新しい仕事先が、細かな塵が出たりするようで、咳が止まらないという。
多分、その仕事は試用期間中に辞めるだろう。
どうして、その仕事を選んだのかと聞いたら、焦ってろくに考えずに、とにかく家を出ようと思ってしたとの事。
派遣の仕事についていた時は、咳が出て止まらないようなことはなかったはず。
それも、これも、自立の為に通っている道と思うしかない。。。。。。。
玄関で、見送る時、不覚にも涙が出てしまい、恥ずかしかった。
次男は、たった一時間の所だから、遊びに行っていると思ってよ と言った。
うんうん、そうだねと言いつつ、自然に涙が出てしまい、頑張ってねと言うのが精いっぱいだった。
少し落ち着いてから、次男と同い年の子供をもつ友達と話をした。
家を出たと言ったら、うちの子も出たわよ との事。
結婚はやはりしていない。
一度だけ、アパートにいったそうだが、来るなと言われたようだ。
我が家も、何が必要なのかみてあげようかと言ったら、即座にいいこなくていい と返された。画像
大変寂しいが、人生に必要な手続きなのかなとも思う。
共通の友達のきつい言葉は、それなりに、心配をしてくれていたのだと思う。
きつい優しさであったと思う。
今日の友達は、毎度の事なのだが、包み込むような優しさで、どちらも大変有り難いと感謝をしてしまう。
同い年なので、受験の頃は同じ思いをしていたのだが、我が家も推薦は落ちて、ランクの違う高校を受験して何とかなった。
彼女の長男さんは、高専の推薦を受けたのだが、20人採用の所21人受験し、一人だけ落とされたその一人が、彼女の長男さんだった。その出来事は、知らなかったのだが、電話で、うちの子〜 と話をしてくれた。
この態度は、お互いに恥とかそういう感覚がなく、何でも話しをしてしまう関係だったので、私は、一人くらい混ぜてくれても良いのにねと返した。
その後、正式に受験をして、受かったので、めでたしめでたしで、笑いあった。
ふと、思い出してしまったが、その子供達が、こんなにも大きくなったのだなという思いだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
次男さん、独り暮らしのために家を出られたんですね〜
私も次男が家を出て丁度2年になりますが、引っ越ししてすぐに
一度見に来てよー、と言ってましたが行きそびれてしまってるんです。
最近はあまり帰って来ないし寂しいですよ。。。
部屋はそのままにしてるんですが、今でも次男のベットに
座って涙ぐむ時もあります(^-^;
いくつになっても子供ですからね〜、月日の経つのは早いね。
子離れも難しいですよね。
パセリ
2016/12/14 20:35
そうですか。。パセリさんも次男さんのお部屋のベッドに座ったのですね。私も座りました。涙が出ました。いつも遅くても、帰宅して玄関の鍵をあけて閉める音がして、洗面所で手を洗う水音がして、足早に階段を駆け上がってくる音がして、、、その音はもう聞かれないのかなと感傷的になりました。猫を飼ったら、頻繁に帰るよと言っていましたが、どうだかね。。
長男が、他界した時、長男にかかりきりで、次男の面倒はあまり見ていませんでした。ごめんねと謝ったら、お母さんがお兄ちゃんで大変なの知ってるから、僕は大丈夫だからと言われました。世間のご家族はもっと早く自立させていると思います。心情は如何ばかりかと思いました。

2016/12/15 00:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
普段どおり。。 母/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる