アクセスカウンタ

zoom RSS 複数の仕事

<<   作成日時 : 2016/11/05 02:23   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

今までのような収入を、得ることは出来ないうえに、年金だけでは暮らせない。画像
本当は、このような生活はしたくない。
しかし、心が壊れてしまっていて、うまく元に戻せない。
昔は、家計簿もつけていた。
長男の介護をしながら、生活もちゃんとしていたと思う。
それが、ある時から家計簿をつけるのをやめた。
ある時とは、お金の計算が合わなくなることが、頻繁におきたからだ。
いくら、しっかりレシートを保存しても、あまり買い物をしなかった日でも、次の日に計算し、お財布の中を確かめると
2000円とか、切りのいい金額が足りない。
それで、つけるのをやめた。理由は書きたくないが、家庭ではあるまじき出来事があった。。
そんな事が始まりである。
完全に、心が壊れたのは、四年前である。
長男もいないし、家庭というものが必要なのかと、考えた。
どうでも良くなった。。
しかし、生活しないといけない。生きている限り。。。
それで、仕事を沢山し始めた。
クリーニングの店員は、火曜日 木曜日(週2は、派遣の仕事) 土曜日
銀行のお掃除の仕事は、月曜日 水曜日 金曜日
不動産屋さんのビラ配りは、日曜日
一週間全部埋まっている。
時間は、クリーニングが五時間 掃除は二時間半 ビラ配りは、結構辛くて三時間これはあまりお金にならない。
家にじっとしていると、考えてしまうのもあり、少しの時間働こうと考えた結果だ。
これが、あまり収入にならないのだ。
全部辞めて、一日7時間位の仕事をしようと考えて、動いてみたら、肉体労働のようなものなら、あるようで、
それでは、クリーニングをやめようとしたら、辞めさせてくれない。
新しい人が慣れるまで、辞めては困るというのだ。
仮に新しい人が来たら、いつ頃辞めても良いのかと聞いたら、慣れるまでだから期間は分からないという。
そして、こちらの都合も考えずに簡単に言わないでほしいという。
そのセリフは、私が言いたい
私の都合で、一ヶ月前に辞めたいと話をしているのだから、一か月後にはそのとおりにしてほしい。
何だか辞めるのも大変だ。
しかし、お金のない私の都合もあるので、あまり強く言えない。
二か月分のパート代を用意しておいて、辞めようとしていたのだが、あるパートさんが、急に痔の手術をすることになって、面接が前後して、その話は終わった。
また、新たに面接まで、こぎつけることは至難の業なのに。。
お掃除のほうも、一ヶ月前に辞めたいと話をしたのだが、次の人が決まるまでいてほしいという。
次の人が決まる頃、私の用意しておいたお金はなくなっている。
すると、次が決まるまで私は困るという寸法だ。
それで、何となくそのまま働いている。
ビラ配りは、まだ、始めたばかりで、炎天下にスタートした。
チラシお断りの家が十何件あり、その家には入れてはいけない。
はじめは、分かって回っていたのだが、意識がもうろうとなり、地図がよく分からなくなり、入れた可能性がある。
今は、地図もよくわかるようになり、三時間で370枚位配っている。
これを一ヶ月の間、三回してほしいと言われたが、二回が限界だ。
すると三千円の収入となる。
自分で、何をしているのかと思っている。
以前のように、落ち着いて心の満足を経験して暮らしたい。
このように浮ついて毎日を過ごすのは、残り少ない道を無駄にしていると思う。
無駄にしていると、理解出来るようになって良かった。少しは、落ち着いた証拠かなと思う。
同居人の行動についても、あの場所に行こうと思えば行けるのだと考えた時、気にならなくなった。
いつでも、離れることが出来るのだと思ったら、どうでも良くなった。
ただ、証拠はほしいと思うので、油断はしない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわー。
そんなにお仕事無理して身体は大丈夫?・・・
体力的にも精神的にも辛いね・・・
少しでも良い方向へ向かわないかなぁ・・・。

ところで、お母様はどうしてらっしゃるの?
施設?お姉さまのところかな?・・・。
パセリ
2016/11/07 22:13
パセリさん、ずつと以前に書いたことがあるのですが、2011年の12月9日に、母は姉の所で亡くなりました。翌年の三月にこちらが気にしたことで、母が亡くなっていることが分かりました。それまで、黙っていました。姉の行動は理解できません。母は、姉の事が好きだったので、これで良いのだと思うようにしていますが、半年後に知ったことは、大変な衝撃で、大変なストレスを受けました。分かった事は、私の家族は皆、いい加減な生き方をしていたのだという事です。私も含まれます。今の私の境遇は、当然の出来事だと思います。育ちが知れるとは、このことだと思っています。友達に会うのも嫌な気持ちで、どこか人のいない場所で、ひっそりと暮らしたいと思うのです。夫がああいう態度なのも、私のなせる業であり、私らしい相手なのだと思うのです。悲しいけれどこれが現実です。

2016/11/21 02:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
複数の仕事 母/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる